株の格言

格言を知り、相場を制す。格言には、数知れない先人達の知恵がある。

数字

知ったらしまい

田附将軍の言葉といわれています。

材料などが一般に知れ渡った時には相場はそれを織り込んでしまっているものです。

たとえば減収予想などで買われていたものが、実際に減収と発表された時には、相場はすでに上値確認となってしまっていることなどは誰しも経験することであります。

減収発表は発表された時点で過去の数字となっているものです。

「材料は織り込まれたら終わり」とほぼ同意の格言です。

噂で買って事実で売れ

噂の段階で買って、事実として発表された段階で売った方が良いという格言です。


あの会社は業績が良さそうなので次の決算はいい数字が出そうだ、とか噂になっているときとは株価は騰がっていくものです。


しかし、いざいい決算が発表されると、材料出尽くしで売られることもしばしば。


株価は、買い材料の噂が出た段階で上がりはじめて、そして事実として公表された段階では、すでに多くの人が保有して株価の頂点になっている場合が多いということです。


スポンサーリンク
ショッピング