株の格言

格言を知り、相場を制す。格言には、数知れない先人達の知恵がある。

損切り

利食い急ぐな、損急げ

利益が少し出たらすぐに売る一方、損失が出てもいつまでも売らない、という場面が多々あります。

上げ相場の場合には、慌てて利食いする必要はありません。
一時的に下がっても、儲け幅が多少減ることぐらいで済むことです。

しかし、損をしているのに投げるチャンスを失うと、損はかさむばかりになります。

利食いはあわてず、損切りは早めにするべきであるという格言です。

しまったと考えたら手仕舞え

銘柄に惚れて、損切りできないまま、塩漬けにしないようにという言葉です。

株式投資には、方針、路線の変更など、柔軟性のある戦略、戦術が求められます。

買ってみたら、株価が予想に反した動きになったら、早めに損切りするほうが効率的です。

自信を待って買った株でも、買い値より下がって、なかなか戻らないことがあります。
それでも損はいやだから、戻りを待つ。その段階で方針を変えないと、ジリジリと下げ続ける。とうとう、戻り待ちをやめて投げると、そこが底値だったというケースもあります。

そんな、”しまった”ばかりの時は保有するポジションを減らし、休みましょう。

スポンサーリンク
ショッピング