株の格言

格言を知り、相場を制す。格言には、数知れない先人達の知恵がある。

静中動あり

あるいは「静中動をはらむ」ともいいます。

もちあいというのは底百日というようにひとたび持ち合いの局面に入るといつまでたっても動かないような気配となります。

しかし、相場はいつまでも持ち合いを続けるわけではなく、徐々にエネルギーを蓄積しながらもちあい放れの気をうかがっているものなのです。

下り端を売り、上がり端を買う

天井売りというのは天井を見極めてから売るものであり見越して売るものではありません。

たとえていえば山の下り端を売るということが必要で、天井を確認して下った相場を売り出動するものなのです。

同様に底も見極めて買うものであり、底を見越してから買うのではないのです。

スポンサーリンク
ショッピング