相場は小浮動を繰り返しながら上下動してゆくものです。

しかし、大局的に見れば上げ波動、下げ波動は少なくとも3ヶ月、超大勢波動では1年半なり2年なり費やして展開するものであります。

相場を対処するに際には、まず大きな波動を見極めて売買の力点を考えながら仕掛けてゆかなければなりません。