株の格言

格言を知り、相場を制す。格言には、数知れない先人達の知恵がある。

時機の心得

商いは急がず時を待て

「兜町は明日ある」と同義語です。

売買を仕掛ける時は決して急いてはならず、仮に自分が信じた通りの相場展開にならなかったとしても、それをくよくよすることなく、次のチャンスを待てという言葉です。

人は勧誘されるとすぐ仕掛けたくなるものですが、決してそういうことをしてはならないという意味でもあります。

投機というのは機に投ずるものであって、投ずべき機はそうそうあるものではないのです。

順乗の空腹上がりなり、秋名月に買いの種まけ

米相場時における言葉です。

天候商品において新年度が旧年度より上ザヤとなった時には、これに乗じて買っていけと教えています。

年度替わりに行う構造・需給の変化を見逃してはならないということ。

特に穀物相場においては覚えておいてもらいたい格言の一つです。

スポンサーリンク
ショッピング