株の格言

格言を知り、相場を制す。格言には、数知れない先人達の知恵がある。

取引の心得

銘柄貧乏

目新しい株に次々と投資しては損ばかりしている人のことを「銘柄貧乏」と呼びます。

銘柄貧乏な人は、雑誌やテレビなどの推奨銘柄の情報にすぐにその気になってしまいます。

株で儲けようとしているのではなく、儲け話を探してしまっています。

これでは投資家ではなく、ギャンブルです。

自分の考えがないので損をいくらだしても、反省することもなく銘柄を推奨した雑誌やテレビなどを批判するくらいしか出来ません。

信念や根拠のない買いはやめましょう。

ドタバタは避けよ

プロの投資家でも立て続けに思惑が外れることはあります。

思惑が外れたときに、冷静さを保てるかどうかが大事なのです。

冷静さを欠いて焦りが先行してしまうと、ドタバタの始まりです。

分析すると簡単に天井圏だと予想できる銘柄にも飛びついて買ってしまったり、焦って売ってはリバウンドなどなど

一旦ポジションを外し、休息をとることもひとつの手段です。

常に冷静な判断が出来るということが、株で成功するためには必要です。

スポンサーリンク
ショッピング