大底百日の時に用いられる言葉です。

底でのもみ合いになってくると、えてして強気になってしまうものです。

そして、売り方はなお勢いに乗って売り込もうとしてくるもの、相場はそうした時に逆に反発するものです。